心臓血管外科

概要・特色

 山口県西部の心臓血管外科領域の核として、年間約170-180例の心臓大血管の手術と、約100例の末梢血管の手術を施行しております。

 <開心術>
 単独冠動脈バイパス術は低侵襲で人工心肺を用いないOff Pump CABGをほぼ全例に施行しております。また、バイパスに用いるグラフトは、ほぼ全例に長期開存率の優れている内胸動脈グラフトを用いております。
 近年高齢化に伴い、80歳以上の大動脈弁狭窄症の患者さんが増えております。このような高齢の患者さんにも、安全に大動脈弁置換術を受けていただいております。最近では92歳の患者さんに大動脈弁置換術を行い、お元気で退院していただいております。
 僧帽弁閉鎖不全症に対しては、高齢の患者さんでも弁形成術を第一選択として実施しております。
 また、単独僧帽弁形成術は原則として皮膚切開の小さい(7-10cm)低侵襲のMICS(Minimally invasive cardiac surgery)を行っております。この手術ですと傷が小さく、術後の疼痛も軽いです。
 弓部大動脈瘤、大動脈解離の患者さんに対しては、ご高齢(最高89歳)の患者さんに対しても手術を行い、元気に退院していただいております。

 <ステントグラフト内挿術>
 胸部大動脈瘤、腹部大動脈瘤に対しては、低侵襲なステントグラフト治療を実施しています。ステントグラフトはこれまで手術不能と言われきた高齢の患者さんや手術既往のある患者さんに対しても実施可能なことが多く、入院期間も1週間以内と短いことが特徴です。

 なお、急性大動脈解離など緊急手術には随時対応しております。いつでもご連絡下さい。

   当施設は以下の施設基準を満たしています。
   心臓血管外科専門医認定機構の基幹施設
   胸部大動脈瘤ステントグラフト実施施設
   腹部大動脈瘤ステントグラフト実施施設

 当院は日本成人心臓血管外科手術データベースならびに日本先天性心臓血管外科手術データベース参加施設です。患者さんのデータは匿名で上記データベースに登録させていただくことが義務付けられております。個人が特定されることはありませんが、データ登録を望まれない方はお申し出ください。詳しくはホームページをご参照ください。
http://www.jacvsd.umin.jp/about.html
http://jccvsd.umin.jp/

スタッフ紹介

阪田 健介 副院長

阪田 健介 副院長

昭和58年 山口大学医学部卒業
日本心臓血管外科学会:専門医
日本外科学会:専門医・認定医
日本胸部外科学会:認定医

伊東 博史 科長

伊東 博史 科長

平成4年 山口大学医学部卒業
山口大学 臨床准教授
心臓血管外科専門医認定機構 基幹施設修練責任者
日本心臓血管外科学会 専門医
日本外科学会:指導医・専門医
日本胸部外科学会:認定医・正会員
関西胸部外科学会 評議員
国際移植学会会員
ICD(インフェクションコントロールドクター)

池田 宜孝

池田 宜孝

平成7年 山口大学医学部卒業
日本外科学会 専門医・指導医
日本心臓血管外科学会 専門医
日本血管外科学会認定血管内治療医
胸部ステントグラフト 実施医
腹部ステントグラフト 指導医
下肢静脈瘤レーザー 指導医

池下 貴広

池下 貴広

平成26年 山口大学医学部卒業

外来担当医表

外来窓口:[1階]12番 心臓血管外科

平成30年1月1日より

 
午前 担当医
池田宜孝
阪田健介 伊東博史
池田宜孝
  • ※外来担当表は、予告なく変更される場合がございます。来院前に必ずお電話でご確認ください。
  • ※休診予定については、お電話にてご確認ください。連絡先:083-262-2300(代表)

2016年 全症例数

                 
全症例数 284(201,231,192)
・全身麻酔 187(190,177,167)
    心臓胸部大血管  151(126,118,124)
・局所麻酔  97(11,10,12)
  
全身麻酔症例の内訳
心臓・胸部大血管  
  先天性心疾患  21
  弁膜症  47
  虚血性心疾患 53
  胸部大動脈瘤・解離 25
  その他  5
AAA・末梢血管  
  EVAR,開腹AAA,ASO    36
 
その他 5
左室粘液腫、腫瘍 3
ペースメーカリード感染など  2

心臓・胸部大血管 症例数(弁膜症)

 弁膜症    47(36,44,43)
 
大動脈弁 32(30,31,35)
・AVR 21
・AVR   MVR 3
・AVR   TAP 4
・AVR MVP 2
・AVR MVR TAP 2
AVR:大動脈弁置換術、MVR:増帽弁置換術、MVP:増帽弁形成術、TAP:三尖弁輪縫縮術
増帽弁 15(6,12,7)
MVP
(MICS MVP 3)
5
MVP TAP 1
MVP TAP メイズ手術 2
MVR TAP 2
MVR TAP メイズ手術  5
           
MVP:増帽便形成術、MICS MVP 右助間小開胸増帽弁形成術、MVR:増帽弁置換術、TAP:三尖弁輪縫縮術

心臓・胸部大血管 症例数

 
虚血性心疾患 53(44,45,45)
単独CABG   47
(OPCAB46)
1枝病変:   4
2枝病変:   6
3枝病変: 17
LMT: 20

 
-平均ByPass枝数:3.3本
1枝バイパス:  3(MIDCAB 2)
2枝バイパス: 11
3枝バイパス: 12
4枝バイパス: 12
5枝バイパス:  8
6枝バイパス:  1
CABG+その他 6
左室瘤 1
MVR    1
MVP    1
AVR     3
 
 
胸部大動脈瘤 25(22,26,17)
Non Dissection 12
 弓部全置換 2
 ステントグラフト内挿術
  (カテーテル治療) 
10
Dissection 9
 上行置換 8
 上行弓部置換 1
AAE 4
 自己弁温存大動脈基部置換術 2
 Bentall 2
 
先天性心疾患 21 (20,15,18)
VSD  5
ASD 3
TOF 3
B-Tshunt2,central shunt 1
TA 3
   Glennl,TCPC1,PAB1
DORV 2
   TCPC1,PAB1
ECD 1
AP window 1
PS 1
PDA 1
PAB解除(VSD) 1

末梢血管 症例数

下肢静脈瘤 53
血管内焼灼術(ラジオ波) 48
ストリッピング 4
不全穿通枝焼灼術 1
 
腹部大動脈瘤・末梢血管
腹部大動脈瘤・末梢血管 35
 ステンドグラフト内挿術 30
 人工血管置換術(開腹)  5
閉塞動脈硬化症 38例  
 EVT(Stent)+血栓内膜摘除 1
 EVT+血栓除去 4
 EVT 31
 血栓内膜摘除 2
急性動脈閉塞 5例  
 血栓除去 5
血管内異物除去 1
腋窩ー腋窩動脈バイパス 1

①下肢静脈瘤とは

低侵襲な血管内治療ができるようになりました!!

 下肢静脈瘤は成人の10~50%に見られる比較的ありふれた病気です。
下肢静脈は動脈によって運ばれた血液を心臓に向かい運ぶための血管です。ただ、人間は立って暮らしているので重力に逆らって下から上に運ぶ必要があります。
 下肢の血液を心臓へ向かって運ぶために幾つかの機能があるのですが、特に大事とされるのが①ふくらはぎの筋肉によるポンプ作用、②静脈弁です。
 下肢静脈の静脈弁は、立っている時、血液が足に向かって逆流するのを防ぐ役目があります。
この静脈弁が何らかの原因で破壊されて血液が逆流すると表在静脈(皮膚に近い静脈)が蛇のように曲がり『下肢静脈瘤』という状態になります。
 

②下肢静脈瘤の症状は

 下肢静脈瘤の症状ですが、軽度のものだと美容上の問題(血管が浮き出る)から「ふくらはぎがだるい」「重い」「痛み」「こむら返り(足がつる)」「むくみ」などがあります。
ただ進行すると湿疹、色素沈着(足が茶褐色になる)、脂肪皮膚硬化症といった皮膚病変が出現し、最終的には静脈性潰瘍が出現します。この静脈性潰瘍は、日常生活に支障があるばかりでなく、難治性で一筋縄では治療が立ち行かなくなるため時間的、経済的にも支障を来すようになります。
 

③下肢静脈瘤の治療は

 下肢静脈瘤の治療は、基本的に症状のある人に対し行います。
a) 保存的療法 (弾性ストッキング)・硬化療法
 弾性ストッキングという締め付けの強いストッキングを履くことで、下腿(ふくらはぎ)の筋ポンプ作用を補助し下肢静脈還流を改善させます。
 硬化療法は静脈瘤に薬を注入して固める方法です。軽症の静脈瘤に有効とされています。
b) 下肢静脈ストリッピング
 従来の治療法で現在でも行われています。弁が壊れた表在静脈をストリッパーという器具を用い抜去します。下記の血管内治療に比べ高侵襲(ダメージ大きい)です。
 

低侵襲な下肢静脈瘤治療

c) 血管内治療(レーザー、高周波治療)
 最近の治療法です。今まではストリッピングしていたような病態に対し低侵襲で治療ができます。レーザーまたは高周波を用い静脈を焼灼し血管内を閉塞させます。
 2011年に波長980nmレーザーによる治療が保険適用となりました。
 2014年には上記のレーザーより低侵襲に血管内治療が行える高周波(ラジオ波)、レーザー(波長1470nm)が保険適用となりました。

 当施設ではこの最新機器を導入し、より低侵襲な下肢静脈瘤治療が行えるようになりました。

 下肢静脈瘤が気になる方、「足のだるさ、むくみ」が気になる方は心臓血管外科外来までお問い合わせ下さい。
 

下肢静脈瘤について

下肢静脈瘤
 

 詳しい説明はpdfをクリックして下さい。
 下肢静脈瘤について.pdf (PDFファイル : 832KB)

ページの先頭へ