脳神経外科

概要・特色

 脳神経外科は設立以来7年が経過し、山口大学との連携を取りながらスムーズな入院診療、外来診療、手術治療を行っています。
 入院、外来ともに患者数は次第に増加してきており、近隣病院・医院からの紹介件数も同様に増加してきています。手術件数も徐々に、増加してきています。今後も積極的に患者様を受け入れ、適応症例に対しては外科的処置を行い、脳神経外科として地域医療に貢献していきたいと考えています。
 山口大学との診療連携ツールの一つであるドクターヘリも、今までと同様に活用されています。特に脳梗塞超急性期へのr-tPA静注療法後の搬送であるdrip-shipに関しては、積極的に行われています。これに関連し、r-tPA静注療法そのものの件数も増加しつつあります。予想では、近隣の病院の件数をはるかに上回るものです。これは脳梗塞急性期治療に対する市民、救急隊の意識向上によるところに加え、当院救急部・病棟・放射線部・検査部スタッフの多大なる協力があってこそなし得たものであると考えております。
 院内外でのレクチャー、発表も昨年同様随時行なってきています。連携パスも十分軌道にのり、活用されています。これからも近隣医療機関(特に回復期リハビリテーション施設)と積極的に連携をとり、スムーズな患者のながれを構築すべく努力していく所存です。
 脳神経外科の分野は多岐に渡っており、また今をもって治療・診断方法が進歩し続けている代表的な診療科と考えています。当院でも、従来の治療を継続しつつ、山口大学との連携をさらに強化しながら、新しい試みを随時行なって行きたいと思います。

スタッフ紹介

吉野 弘子 副科長

吉野 弘子 副科長

平成19年 山口大学医学部卒業
日本脳神経外科学会 専門医
 

稲村 彰紀

稲村 彰紀

平成21年 山口大学医学部卒業
日本脳神経外科学会 専門医

外来担当医表

外来窓口:[1階]10番 脳神経外科

平成31年1月1日より

 
午前 吉野弘子(新患担当) 稲村彰紀 井本浩哉 特殊外来(第1,第3 10:00-16:00 完全予約) 吉野弘子(新患担当)
午後 井本浩哉 特殊外来(第1,第3 10:00-16:00 完全予約)
  • ※外来担当表は、予告なく変更される場合がございます。来院前に必ずお電話でご確認ください。
  • ※休診予定については、お電話にてご確認ください。連絡先:083-262-2300(代表)

診療実績

脳神経外科手術数
  平成24年 平成25年
脳動脈瘤頚部クリッピング術 1 2
脳腫瘍摘出術 0 2
頭蓋内血腫除去術(開頭) 5 9
慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 22 23
脳室ドレナージ術・シャント術 19 12
機能的神経外科手術 5 9
その他 11 17
血管内手術 5 9
     
合計 68 83

ページの先頭へ