放射線科

概要・特色

 業務内容は検査(MDL・DDL・血管造影・IVR(一部))、読影(CT・MRI・RI・PET)、dataの整理、健診(H17年4月新病院へ移転開院時に、健康管理科(検診センター)に独立)部門のフィルム読影の一部お手伝い、及び放射線治療、日当直業務を行ってきた。
 新病院開院より丸9年がたち、診断検査部門では、本年度第二CTの更新(9.24臨牀稼働)に伴い、二台での冠動脈検査や各種臓器の3D表示が可能となり、MRIではMRA、PET検査による癌診断など新しい分野の診療が定着し、さらなる検査精度の向上や時間短縮が得られ、早期診断の一助とはなっている。また、昨年度更新臨床稼動(H24.3.29より心カテ、5.29より汎用)の血管造影装置2台も、順調に稼働している。
 病院オーダリングシステム(HISおよびRIS)とともに、放射線検査データのデジタル保管及び、PC端末を利用したレポーティングシステムも順調に稼働。昨年度、新レポーティングシステムやオーダリングシステムのハードウェア、ソフトウェアの増強・更新に合わせ、フィルムレス:モニター診断へのハードウェアの更新移行も行われ、今年度よりフィルムレス運用が開始され、従来のフィルムの代わりに、各診療科外来・病棟のPC端末で画像デジタルデータおよびレポートとして参照が可能となっている。
 病診連携室の協力も得て、放射線検査(PET,CT,MRI,RI検査等の)の院外診療施設よりの直接依頼受入体制(検査直接申し込みによる外来検査予約とし、紹介状と検査依頼書の作成添付をお願いし、検査当日の報告時には、検査フィルム+検査報告書を原則添付)も順調に稼働している。こちらも従来のフィルムの他、フィルムレス化しデジタルデータ管理(CDに画像viewer soft 付き DICOM dataとして記録したもの)も配信としている。

スタッフ紹介

狩野 裕一

狩野 裕一

昭和56年 山口大学医学部 卒業
放射線治療専門医

金子 隆文 科長

金子 隆文 科長

昭和62年 川崎医科大学 卒業
放射線科診断専門医

山砥 茂也

山砥 茂也

平成14年 山口大学医学部卒業
放射線科診断専門医

外来担当医表

外来窓口:[1階]80番 放射線治療

平成30年1月1日より

 
午前        
午後 狩野裕一 狩野裕一 狩野裕一 狩野裕一 狩野裕一
  • ※外来担当表は、予告なく変更される場合がございます。来院前に必ずお電話でご確認ください。
  • ※休診予定については、お電話にてご確認ください。連絡先:083-262-2300(代表)

診療部門

 当科は外来、入院は持たず、診療部門の一部門として諸診療科からのTEL依頼、紹介状依頼、PCよりのオーダリングによる、画像診断・諸検査のお手伝いをしてます。業務内容は、検査(MDL・DDL・血管造影・IVR(一部))、読影(CT・MRI・RI・PET)です。

 院内:病院オーダリングシステムとともに、放射線検査データのデジタル保管及び、PC端末を利用したレポーティングシステムが稼働しており、2014(H26)年度よりフィルムレス運用が開始され、従来のフィルムの代わりに、各診療科外来・病棟のPC端末で画像デジタルデータおよびレポート参照が可能となっています。

 院外:病診連携室の協力も得て、放射線検査(PET,CT,MRI,RI検査等の)の院外診療施設よりの直接依頼受入体制(医療機器共同利用:図2 or 病診連携室へ)やネット配信可能データーベース化したものも配信可能(図1)としています。かかりつけの先生にまず御相談ください。

診療実績

 年間検査件数(H28.4.1~H29.3.31)レポート件数として、CTは14433院外(166)件、MRIは5170(院外321)件、RIは255(内院外6)件、PETは444(検診4、院外76)件。他、血管造影(IVR含)が約41件、消化管透視120(上部53、下部67)件。

治療部門

 治療部門は、CTをベースとした治療計画システムによる高エネルギー放射線(リニアック)外照射治療を中心に、患者固定装具の導入、治療室同室CT装置導入で、定位集光放射線治療、画像誘導放射線治療(IGRT)も可能な設備とし稼働しています。2011(H23)11.4より、泌尿器科にて、前立腺密封小線源治療が開始、お手伝いとともに、こちらも順調に稼働してます。2012(H24)7.30より、ストロンチウム内用療法(転移性骨腫瘍に対して)も可能となっています。
 外照射治療及び治療計画は、月~金の連日午後治療専門外来とし、院内外よりの紹介状対応(電話にての予約調整、院外は病診連携室のシステムを利用)としています。なお、入院を要する患者については、当該診療科への紹介入院の上(放射線治療科としてのベッドはありませんので)での対応とさせていただいています。
 かかりつけの先生にまず御相談ください。

診療実績

 新患登録(H29.4.1~H29.3.31)107例、外照射治療計画件数は138件(追加計画21含)。前立腺密封小線源治療は、2-3例/隔週~3週/月の木曜日で、治療患者数(H28.4月~H29.3月)として、62例(外照射併用13例含)に施行。他、癌骨転移症例へ、Sr治療、3例に施行。

ページの先頭へ