がん登録室

院内がん登録とは

 院内がん登録とは、病院でがんの診断や治療を受けた全ての患者さんについての情報(がんの種類や広がり・治療・予後)を登録し、収集・分析するための仕組みです。
 当院では、2007年4月より「院内がん登録標準登録様式」に従い、国立がん研究センターの認定を受けたがん登録実務者が登録を行っています。

部位別登録件数 年次推移

部位名 2013 2014 2015 2016 2017
口腔・咽頭 - - 13 - 20
食道 13 14 19 14 23
126 101 122 100 113
大腸 164 143 172 162 189
肝臓 43 29 38 45 30
胆嚢・胆管 21 21 24 19 22
膵臓 21 38 25 30 25
喉頭 - - - - -
113 129 117 130 100
骨・軟部 - - - 0 -
皮膚(黒色腫を含む) 16 19 12 24 24
乳房 52 40 56 56 72
子宮頚部 64 64 52 51 57
子宮体部 24 17 18 21 19
子宮(詳細部位不明) 0 - 0 0 0
卵巣 - - 15 26 17
前立腺 123 119 111 99 108
膀胱 25 31 43 51 41
腎・他の尿路 32 22 30 24 31
脳・中枢神経系 - - 11 14 15
甲状腺 - - 11 - -
悪性リンパ腫 15 17 8 24 24
多発性骨髄腫 0 - 0 - 0
白血病 0 0 0 - -
他の造血器腫瘍 - - - 0 0
その他 21 21 17 12 22
合計 899 859 922 915 961
*10件未満は非表示

男女別登録数の推移

部位別登録数の上位10部位

  • 部位別登録数の上位10部位_2016
  • 部位別登録数の上位10部位_2017

2017年診断症例

主な部位の来院経路…患者さんがどのような経路によって当院を受診したのかを把握する項目です。
主な部位の発見経緯…がんが診断される発端となった状況を把握するための項目です。
  • 主な部位の来院経路 患者さんがどのような経路によって当院を受診したのかを把握する項目です。
  • 主な部位の発見経緯 がんが診断される発端となった状況を把握するための項目です。

ページの先頭へ