第三者評価(病院機能評価)

病院機能評価について

 当院は、平成29年2月に公益財団法人日本医療機能評価機構の「病院機能評価」を受審し、同機構の定める認定基準を達成していることが認められ3度目となる認定を受けました。

病院機能評価とは

 病院機能評価とは、第三者機関(公益財団法人日本医療機能評価機構)より認定されるもので、審査を受け、病院の機能、安全管理体制、療養環境などが一定の水準に達していると評価された証です。
 有効期間は5年間となっており、更新認定を受けるためには、5年おきに審査を受けることが必要です。また、現在では認定期間中に評価内容についての確認があるなど、継続的に患者サービスおよび医療の質を維持・向上させることが求められます。
 審査は『書面審査』、『訪問審査』が行われ、以下の4つの領域について評価されました。
 
1. 患者中心の医療の推進
2. 良質な医療の実践1
3. 良質な医療の実践2
4. 理念達成に向けた組織運営

病院機能評価認定病院とは

 病院機能評価の審査の結果、一定の水準を満たしていると認められた病院が「認定病院」です。すなわち認定病院は、地域に根ざし、安心・安全、信頼と納得の得られる医療サービスを提供すべく、常日頃努力している病院であると言えます。すでに全国の病院の約3割が認定されています。

 *当院の受審結果については、日本医療機能評価機構のホームページにてご覧になることができます。
 
 当院は、これからも「心の通う質の高い医療」を提供するため、患者サービスおよび医療の質の向上に努めてまいります。
 

ページの先頭へ