脳梗塞予防に心臓手術症例通算40例突破

 心房細動による心原性脳梗塞予防に対して当院で施行している胸腔鏡下左心耳閉鎖術・胸腔鏡下アブレーション(Wolf-Ohtsuka法:WO手術)が通算40症例を超えました。いずれの患者さんの経過は順調で、抗凝固療法を離脱されています。
 大きな合併症もなく極めて有用な心臓内視鏡手術です。

お問い合わせは心臓血管外科 心房細動外科外来まで。
(083-262-2300)(平日8:30-17:00)

ページの先頭へ