在宅ケア科

概要・特色

■当科の方針・モットー
『病気や障害があっても住み慣れた我が家で過ごしたい』


当院ではご家庭で療養を望まれる方や、退院後の生活に不安な方に対して、ご家庭で安心して療養ができるように、医師や看護師また医療ソーシャルワーカーなどの医療チームが連携し、地域の保健・福祉サービスの協力を得て、質の高い在宅医療を提供します。

■概要・特色


在宅ケア科は、退院後の生活や介護についての相談をお受けし、MSWや栄養士をはじめ医療チームが療養生活をサポートします。医療処置を継続される方には、医師と連携し訪問看護を行い、病状の観察や医療処置のお手伝いをします。併設している居宅介護支援事業所では、ケアマネジャーが介護保険の手続きや地域のサービス事業者と連携し対応します。

スタッフ紹介

在宅ケア科長(医師)
在宅ケア科師長(病診連携兼務)1名
看護師 4名(うち病診連携兼務 1名)
事務員 (介護給付管理事務兼務)1名

在宅ケア科の業務

■主治医との連携による在宅医療の継続
■訪問看護の実施(訪問看護・リハビリ)
■介護サービスの説明
■退院支援

日常業務のスナップ

■訪問看護に出発
私たちが、患者さんの待つご家庭に伺います。

訪問看護と介護サービス利用のしくみ

『退院後は 我が家で過ごしたい!』
住み慣れたご自宅で安心して療養生活が送られるように
当院の主治医と連携し
訪問看護師がお伺いして療養のお手伝いをします。

医療面の支援をします

• 病状の観察と助言
• 血圧などの健康チェック、状態観察
• 床ずれ、その他の創傷の処置
• 留置カテーテル・在宅酸素などの管理
• 主治医の指示による処置と検査
• 主治医の指示による点滴・注射
• 薬の管理と飲み方の指導

日常生活のお世話をします

• 食事・排泄のお世話
• 栄養状態の把握と助言
• 清拭、洗髪など清潔の保持
• 療養環境の調整
• 終末期の看護

日常のリハビリの支援をします

• 日常生活動作の訓練
• 筋力向上、関節の運動
• 寝たきりの予防

相談をお受けします

• 療養の仕方や受診方法などの相談
• 介護者の健康と介護相談
• 介護用品や介護サービスの相談
• 住環境整備のアドバイス

■対象となる方

  • 当院におかかりの方
  • ご家庭やケアハウスなどで療養されている方
■お申込み・お問い合わせ方法
  • 訪問看護は医師の支持のもとに行いますので、まず主治医にご相談ください。
  • 院内1階の在宅ケア科まで直接おいで頂くか、お電話で下記にご連絡ください。
電話    (直通) 083-262-2322 (平日)
    (病院代表) 083-262-2300

ページの先頭へ