研修医のコメント 平成29年度

河野 瑠美(山口大学卒)

  • 河野 瑠美
平成28年基幹型(2年)
 あっという間に2年間の臨床研修も終盤に差し掛かっています。
私が当院を初期臨床研修の場に選んだ一番の理由は、見学の際に感じた雰囲気の良さに惹かれたからです。実際にこれまで研修してきて、さらに当院の研修体制の良さを実感できる機会が多くありました。内科4科、小児科、産婦人科など充実した診療科での研修を行うことができ、各科の先生方から大変丁寧にご指導いただけます。また、救急当直は1次から2次救急まで症例は幅広く、屋根瓦式の当直体制の下、安心して経験を積むことができます。
 医師だけでなく他の医療スタッフの方々と接する機会も多く、病院全体があたたかい雰囲気でとても楽しい研修生活が送れました。研修病院決定に迷うことも多いとは思いますが、実際に自分が肌で感じるイメージは間違っていないと思います。気になる病院には見学に行ってみることをお勧めします。そして当院は皆さんの期待を決して裏切らないと思います。是非見学に来てみて下さい。

伊藤 沙恵(山口大学卒)

  • 伊藤 沙恵
平成28年基幹型(2年)
 研修病院として選んだ理由は、病院の雰囲気が良く、また診療科や症例が豊富で、伸び伸びと自分に合った研修ができると思いました。
 研修病院としての特色は、救急当直で様々な症例を経験でき、また各症例に対し各専門医の先生方から指導してもらえています。各科の研修でも診療や治療に対して手技も含め多くのことをご指導いただくことができます。
研修で身についたことは、急変や急患の対応と度胸。迷ったり困った症例はフィードバックする時間があり、全員で共有します。
 「やるもやらぬも自分次第」という自主性の重視と、先生方、スタッフの皆さんのアットホームさもあり、働きやすさと学びやすさを感じています。是非一度見学に来て下さいね。

日髙 一平(山口大学卒)

  • 日髙 一平
平成28年基幹型(2年)
 「どのような研修期間としたいか」で研修病院は変わってくるのであろうが、あまり長時間悩んでいられないというのが現状だと思う。私の場合、漠然とした不安があるのみで、そう深くは考えていなかった。自分の性分からすれば、人の多い研修病院で症例を奪い合うような環境では、前に出ることなく埋もれるだろうなぁとか、反対に少ないと切磋琢磨する相手に困るだろうなぁとか、そういうことを考えていた。
 ある時、病院実習の際に訪れた時に、なんとなくではあるが、「よし、ここにしよう」と思ったのである。その直感は当たりであった。自分にあったペースで研修を行なうことができ、程よい人数の同期・後輩とともに日々診療にあたっている。何より、相談しやすい先生方、フレンドリーなコメディカル・スタッフの方々と、研修環境に恵まれていると思う。全研修医に適している病院であるとは言わない。私以外のコメントを参考にしつつ、どこかでなにかに惹かれるのであれば、是非見学に来て欲しいと思う。
 個人的な体験談となってしまうのが心苦しい限りではあるが、病院選びの参考になれば嬉しい次第である。

内田 智之(山口大学卒)

  • 内田 智之
平成29年基幹型(1年)
 HPをご覧いただきありがとうございます。少しでも皆様の病院選びの参考になれば幸いです。
 研修開始より約9か月があっという間に経ちました。私の場合は当院の病院見学の際に雰囲気が自分に合っていると感じ、人数も多すぎず、診療科も豊富であるため研修先として選択しました。
 当院では指導医の先生方との距離が近く、日中に多くの手技をさせていただけますし、困ったことがあればお忙しい中でも時間を割いて丁寧に教えて下さいます。病棟業務などで分からないことがあってもコメディカルの方が親切に教えて下さるため働きやすいと思います。
 救急外来では2年目の研修医の先生、上級医の先生のご指導の下でfirst touchを行っているため安心して診療に携われます。毎回症例数が多く、重症度に幅があり、勉強不足を痛感しておりますが、優秀な看護師さんのおかげもあり少しずつ成長できていると感じております。
 当院での研修に少しでも興味を持たれた方は、気軽に見学へお越しください。

ページの先頭へ