研修医のコメント 平成27年度

仲田 成美(山口大学卒)

  • 仲田 成美
平成27年 基幹型 (2年)
 私は山口大学を平成27年に卒業し、地元ではなく、医学の薫陶を受けた山口県を研修先に選びました。研修病院を選ぶ基準の一つに救急当直があると思います。下関市では輪番制を敷いており、当番日には内科・外科にそれぞれ研修医が2人ずつ(1年目と2年目がペアで)割り当てられ、さらにその上に指導医の先生が1人ずつ割り当てられています。勿論ファーストコールは研修医のため、まず自分で初期対応を行う必要がありますが、困ったり重症例に遭遇した時は指導医の先生が控えていますので、安心して当直業務を行うことが出来ます。また、大学病院でなく市中病院を選んだ理由は、common disease が多く、各科間や検査との風通しがよいこと、そして見学して感じた指導医の先生方の面倒見の良さがありました。
 期待と不安でいっぱいで、どこの病院を選んで良いか迷っている皆さん、アットホームな中にもしっかりした指導体制のある当院で研修医生活をスタートさせてみませんか?是非一度見学にいらして下さい。

ページの先頭へ