平成27年度 済生会下関総合病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 1273 208 313 596 541 721 1810 2265 1498 277
2015年度(2015年4月~2016年3月)に当院を退院された患者さんの人数を 10歳刻みの年齢階級別(90歳以上は一括)に集計しています。年齢は入院時の満年齢です。
当院では小児、周産期(出産前後の期間)から75歳以上の後期高齢者となる患者さんまで幅広い世代の患者さんが入院されています。そのうちで60歳以上の患者さんは全体の61.5%であり、傾向としては比較的ご高齢の方が多いです。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
呼吸器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 139 14.90 14.34 11.51 72.28
040040xx9904xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 75 13.60 13.38 1.33 70.84
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2なし 53 26.89 20.63 20.75 75.08
呼吸器科は、下関地域の急性期病院では唯一の呼吸器専門の診療科で他の医療機関からの紹介も多いです。
気管支喘息、COPD(慢性閉塞性肺疾患)、肺癌、呼吸器感染症、呼吸不全、睡眠時無呼吸症候群など呼吸器病全般の診療を行っています。入院患者さんの内訳としては、肺癌と肺炎で全体の3分の2弱を占め、残りの3分の1が間質性肺炎やアレルギー肺疾患、気管支炎、COPDなどです。
消化器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 70 9.40 10.93 11.43 76.71
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術・処置等2なし 63 15.02 11.98 1.59 75.40
060050xx99x00x 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 44 14.27 10.55 0.00 72.09
消化器科は、食道、胃から大腸までの全消化管、ならびに肝臓、胆嚢・膵臓領域すべてにおいての内視鏡検査を行い、内視鏡的胃食道大腸粘膜切除術、粘膜下層剥離術、食道静脈瘤硬化療法、胃瘻造設術などの治療を行っています。入院患者さんは、胆管結石や胆管炎、肝・肝内胆管の癌の方が多いです。
循環器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 106 2.92 3.07 0.00 70.78
050210xx97000x 徐脈性不整脈 手術あり 手術・処置等1なし、1,3あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 61 7.26 11.76 4.92 76.43
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 45 14.24 18.30 11.11 81.98
循環器科では、心臓の筋肉へ血液を供給する冠動脈の拡張治療を行う冠動脈インターベンション(PCI、PTCA、経皮的冠動脈形成術)、不整脈治療であるカテーテルアブレーション、末梢血管の拡張を行う経皮的末梢血管インターベンション(PPI)などの観血的治療を行っています。入院患者さんは、狭心症や不整脈、心不全の方が多い傾向にあります。
小児科;新生児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 298 3.86 6.17 0.00 0.00
040080x1xxx0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳未満) 手術・処置等2なし 208 6.00 5.72 0.00 2.00
140010x299x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 手術な 85 13.42 11.59 0.00 0.00
下関医療圏で唯一の小児救急拠点病院の指定を受けており、365日24時間体制で小児科医が日当直を行い、緊急の小児患者に対応しています。また、小児循環器の医師も常勤で在籍し、山口県西部での先天性心疾患に対する外科手術やカテーテル検査に対応し、該当する患者さんを受け入れています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060035xx99x50x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等25あり 副傷病なし 105 3.01 4.53 0.00 63.98
060040xx99x60x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等26あり 副傷病なし 95 3.19 4.51 0.00 67.38
060035xx0100xx 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 52 17.96 17.41 5.77 69.35
外科は、消化器外科、呼吸器外科、乳腺外科、小児外科及び一般外科の診療を行っており、症例としては消化器系、特に結腸・直腸のがんの症例が多いです。開腹手術や開胸手術だけではなく、症例に応じて内視鏡をお腹や胸の中にいれ、モニターを見ながら手術を行う鏡視下手術も積極的に導入しています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 108 20.97 28.70 95.37 83.05
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 副傷病なし 87 3.51 5.70 2.30 58.92
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 75 24.55 27.21 52.00 76.53
整形外科は、外傷、手の外科を中心とした関節外科、脊椎外科など整形外科のほぼ全般の手術を網羅しています。それぞれの疾患についても在院日数は全国平均に比較して、かなり短い日数となっています。また、地域の医療機関との連携も強く、股関節大腿近位骨折の手術後の転院率は95%以上であり、大腿骨頸部骨折連携パスの使用率も70%以上と高い値を示しています。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2なし 38 3.58 3.54 0.00 67.03
070010xx010x0x 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術等 手術・処置等1なし 副傷病なし 17 6.24 6.14 0.00 45.41
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1なし 13 4.92 4.38 0.00 48.46
当院は日本形成外科学会認定施設になっており、眼瞼下垂や骨軟部・皮膚の良性腫瘍など形成外科領域の様々な疾患の患者さんに対応しています。また、乳房再建用エキスパンダー、乳房再建用インプラントの実施認定施設ともなっており、乳癌手術後等の患者にも対応しています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x099030x 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等23あり 副傷病なし 73 15.51 18.08 39.73 72.77
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 23 18.65 19.32 60.87 72.96
010050xx02x00x 非外傷性硬膜下血腫 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 15 13.93 11.91 20.00 77.27
脳神経外科は、積極的に患者を受け入れ、適応症例に対しては外科的処置を行い、地域医療に貢献しています。特に脳梗塞超急性期へのt-PA静注療法の件数は年々増加しており、良好な結果を得ています。また、ドクターヘリを有効に活用し、三次病院である山口大学附属病院との診療連携を図っています。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050163xx03x10x 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 手術・処置等21あり 副傷病なし 32 9.34 16.65 3.13 77.69
050050xx0101xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 心室瘤切除術(梗塞切除を含む。) 単独のもの等 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり 27 25.00 23.57 3.70 70.89
010050xx02x00x 弁膜症(連合弁膜症を含む。) ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり 副傷病なし 26 23.38 25.69 23.08 76.19
山口県西部の心臓血管外科領域の核として、年間約170-180例の心臓大血管の手術と、約50-60例の末梢血管の手術を施行しています。また、緊急対応体制も充実しており急性大動脈解離など緊急手術には随時対応しています。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120260xx01xxxx 分娩の異常 子宮破裂手術等 107 8.57 9.63 0.00 32.71
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 76 8.43 10.18 0.00 44.84
120170xx99x0xx 早産、切迫早産 手術なし 手術・処置等2なし 75 26.88 20.87 0.00 31.15
産婦人科は地域周産期母子医療センターとして小児科との緊密な連携のもとNICU 6床、GCU 12床を有し、不妊症・内分泌疾患から周産期、婦人科悪性腫瘍に至るまで、産婦人科全般の診療を広く行っています。病院自体が地域の2次救急の役割を担っているため救急患者さんの搬送も多く、産婦人科も常時救急に備えた診療体制をとっています。地域の医療機関とも連携し、地域に密着した急性期医療の提供を推進しています。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 10 9.10 8.20 0.00 19.30
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし - - 5.31 - -
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし - - 5.53 - -
近医における小児科・産科の縮小・閉鎖、当院の小児科・産婦人科体制の充実性から、当院耳鼻咽喉科を受診される新生児・幼児患者は多く、幼児・小児用の細い喉頭ファイバーを導入し、喉頭軟化症やその他の喘鳴・呼吸状態不良症例の視診・診断観察に対応しています。また、基幹病院として、小児難聴には貢献しており、市内での認知度も高まり、難聴外来という特殊性から、母親からの電話相談、中には成人の難聴相談患者もあります。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 手術・処置等1なし 副傷病なし 97 3.93 5.91 1.03 59.21
110080xx9903xx 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等23あり 60 4.12 4.30 0.00 69.22
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 58 7.55 7.59 0.00 74.71
泌尿・生殖器・後腹膜臓器を含め、泌尿器科全般にわたる疾患に対して診療を行っています。特に、前立腺癌に対する密封小線源療法、尿路結石に対するf-TUL、前立腺肥大症に対するHoLEP、腎移植など他院にない特化した医療を行っています。副腎腫瘍、腎癌、腎盂・尿管腫瘍、前立腺癌に対しては、体腔鏡下に根治手術を積極的に施行しており、minimum invasive surgery(低侵襲手術)を推進しています。現在、腎移植におけるドナー腎摘、小径腎癌の腎部分切除、腎尿管移行部狭窄症に対する腎盂形成術も鏡視下に施行しています。また、男性の尿道括約筋機能不全による尿失禁に対して人工尿道括約筋留置術を、女性の腹圧性尿失禁にTOT手術を施行しています。
腎臓内科;血液透析科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 65 18.43 13.64 3.08 71.22
100070xxxxxxxxx 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。) 50 17.02 15.35 0.00 65.72
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 21 15.48 14.34 14.29 76.90
腎臓内科では腎臓疾患を中心に糖尿病、膠原病などの疾患の診療を行っています。最近では、腎疾患にも増して糖代謝異常、二次性高血圧症の症例の受診が増えており、糖尿病に関しては、病初期よりの患者管理を含め対応しています。二次性高血圧症に関しては、循環器科と共同で腎動脈狭窄症に対する経皮的腎動脈形成術(PTRA)に取り組むと共に原発性アルドステロン症に代表される各種内分泌疾患の鑑別に取組んでいます。腎炎、糖尿病性腎症はもちろんとしてその他の腎障害性疾患を早期に診断し、疾患の寛解・退縮を計るための体制を確立しています。これらとは別に血液浄化センターで血液透析を臨時・維持ともに日々実施しています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 52 16 19 36 19 20 1:UICC TNM分類 第7版
大腸癌 32 33 63 103 26 113 1:UICC TNM分類 第7版
乳癌 23 15 - - - - 1:UICC TNM分類 第7版
肺癌 30 28 39 188 32 44 1:UICC TNM分類 第7版
肝癌 17 25 21 - 15 84 1:UICC TNM分類 第7版
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
5大癌と呼ばれる胃癌、大腸癌、乳癌、肺癌、肝癌の患者さんの数を、初発の UICC 病期分類別、および再発に分けて集計しています。 UICC病期分類とは、国際対がん連合によって定められた、①原発巣の大きさと進展度、②所属リンパ節への転移状況、③遠隔転移の有無の 3つのカテゴリによって各癌をⅠ期(早期)からⅣ期(末期)の 4病期(ステージ)に分類するものです。
2015年度に退院した患者さんを集計し、集計対象期間中に複数回入院された患者さんはそれぞれ集計をしております。「初発」とは、当院において当該悪性腫瘍の診断、あるいは初回治療を実施した場合を指します。「再発」とは、当院・他施設を問わずに初回治療が完了した後、当院にて患者を診療した場合や、癌寛解後に局所再発・再燃または新たな遠隔転移をきたした場合を指します。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 11 9.18 60.00
重症度 1 10 12.30 75.60
重症度 2 - - -
重症度 3 - - -
重症度 4 - - -
重症度 5 - - -
不明 - - -
市中肺炎の定義として、 DPCデータの「入院契機傷病名」および「最も医療資源を投入した傷病名」のICD10コードがJ13~J18(肺炎レンサ球菌による肺炎、インフルエンザ菌による肺炎、その他の感染病原体による肺炎)で始まるものとなっています。ICD10コードとは、International Classification of Diseases and Related Health Problems(疾病及び関連保健問題の国際統計分類)の略称で、世界保健機関(WHO)が世界保健機関憲章に基づき作成した、傷病に関する分類です。
市中肺炎とは、 普段の社会生活の中でかかる肺炎のことであり、ここでは成人市中肺炎診療ガイドライン (日本呼吸器学会)による重症度分類を用いて集計しています。この指標では細菌による肺炎を 集計しており、インフルエンザウイルスなどのウイルスによる肺炎や食べ物の誤嚥による肺炎、 気管支炎などは集計対象外です。重症度が上がるごとに長い治療期間を要します。また、軽症の患者さんの平均年齢が60歳ほどであるのに比べ、重症度が上がるほど高齢の患者さんが多くなっています。治療は、急性呼吸不全の管理、薬剤投与が中心となります。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 - - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 - - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 146 20.25 73.66 40.24
その他 18 25.67 73.56 4.27
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - 10 16.00 76.07 10.00
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> - - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 - - - - -
入院中に医療資源を最も投入した傷病名のICD10コードの上3桁で集計しています。
脳梗塞のうちで発症3日目以内の急性期脳梗塞の患者さんが全体の約90%を占めています。当院ではこのような緊急性のある疾患に迅速に対応できるよう、24時間365日患者さんを受け入れ、常時CT・MRI・超音波検査などができる万全の体制を敷いています。また、発症後3時間から6時間の超急性期脳梗塞には、t-PAという血栓を強力に溶かす薬を点滴投与する治療を優先して実施しています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
消化器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 110 4.11 2.57 2.73 69.71
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 48 3.33 13.63 2.08 76.40
K6532 内視鏡的胃ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 44 0.14 6.91 0.00 73.16
消化器科は内視鏡的診断・治療を中心に診療を行っています。
その中で最も多い手術は、大腸内視鏡を使って結腸ポリープを取り除く内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術で年間110例を行っています。続いては、消化管出血などに対する血管内治療として血管塞栓術が48例、胃内視鏡を使って胃のポリープを取り除く内視鏡的胃ポリープ・粘膜切除術が44例を行っています。
循環器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他のもの) 34 1.59 5.21 2.94 68.26
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極の場合) 34 2.35 7.44 5.88 78.59
K5952 経皮的カテーテル心筋焼灼術(その他のもの) 28 1.54 4.68 0.00 63.18
循環器科の手術として最も多いのは、血管内をカテーテルを通し、それに沿って冠動脈にステントという拡張可能な小さいメッシュ状の金属の筒を留置して、血管の開通性を保持し再閉塞を予防する経皮的冠動脈ステント留置術で年間34例実施しています。また心筋に電気刺激を与えることで必要な心収縮を発生させるペースメーカ移植術も34例実施しています。これに続いて、不整脈を引き起こす異常な心臓内の局所をカテーテルで焼灼して正常のリズムを取り戻す経皮的カテーテル心筋焼灼術を28例実施しています。
小児科;新生児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9131 新生児仮死蘇生術(仮死第1度のもの) 11 0.00 40.82 0.00 0.00
K9132 新生児仮死蘇生術(仮死第2度のもの) 10 0.00 45.50 0.00 0.00
K5761 心室中隔欠損閉鎖術(単独)(ブラロック手術、ウォーターストン手術) - - - - -
小児科は重症な新生児の治療を行うNICU(新生児特定手中治療室)やGCU(新生児治療回復室)に入院している新生児の治療を行っており、場合によっては新生児仮死蘇生術などを行うことがあります。この中で仮死状態の重症度の高い仮死第1度の施行数が年間11例、重症度のやや低い仮死第2度の施行数が年間10例あります。また心臓血管外科に依頼して、心室中隔欠損閉鎖術(単独)(ブラロック手術、ウォーターストン手術)を行うこともあります。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 51 1.51 5.37 0.00 59.80
K6335 ヘルニア手術(鼠径ヘルニア) 47 1.45 3.77 0.00 71.87
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 42 3.83 14.36 7.14 69.36
外科では、消化器外科や呼吸器外科の手術の際に開腹手術や開胸手術だけではなく、症例や疾患に応じて侵襲の少ない鏡視下手術を行っています。最も多い手術は腹腔鏡を使用して胆嚢を取り出す腹腔鏡下胆嚢摘出術で年間51例を行っています。続いては鼠径ヘルニア(脱腸)の治療であるヘルニア手術が年間47例あります。続いて、腹腔鏡を使って結腸の悪性腫瘍を取り除く腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術を年間42例実施しています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(肩) 111 3.55 20.89 47.75 74.71
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨) 95 5.75 14.91 85.26 79.84
K0483 骨内異物(挿入物を含む。)除去術(下腿) 61 0.44 1.87 0.00 54.11
整形外科では整形外科全般的に加療が可能で年間手術数は1400件を超えますが、なかでも手外科(上肢の外科)手術、外傷手術の数が多く、手外科の手術例のみで年間500例を超えます。その中で最も多い手術は、肩の人工関節置換術で年間111例を行っています。次に多い手術は肩甲骨の骨折観血的手術で年間95例、その次が骨内異物除去術で年間61例を行っています。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) 33 1.27 1.70 0.00 62.39
K0301 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術(下腿) 22 1.00 4.50 0.00 53.27
K2193 眼瞼下垂症手術(その他のもの) 11 1.18 1.64 0.00 68.36
形成外科では上眼瞼(上まぶた)の機能に障害が生じ、瞼が開きづらくなる眼瞼下垂の手術が最も多く、眼瞼挙筋前転法と呼ばれる手術だけで年間33例実施しています。また、その他の眼瞼下垂手術も11例実施しています。これとは別に下腿の四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術を年間22例行っています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 23 1.13 10.74 21.74 77.26
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭して行うもの)(脳内のもの) - - - - -
K1742 水頭症手術(シャント手術) - - - - -
脳神経外科で最も多い手術は、頭部の頭蓋骨の下にある脳を覆っている硬膜と脳との隙間に貯まっている血腫を取り除く慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術で年間23例を実施しています。このほか、頭蓋内血腫除去術(開頭して行うもの)や水頭症手術(シャント手術)なども実施しています。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K552-22 冠動脈、大動脈バイパス移植術(人工心肺を使用しないもの)(2吻合以上のもの) 33 5.24 20.45 0.00 68.79
K5612 ステントグラフト内挿術(腹部大動脈) 27 1.30 5.41 7.41 78.59
K5551 弁置換術(1弁のもの) 20 4.00 23.95 40.00 78.00
心臓血管外科で最も多い手術は、心臓の心筋に酸素および栄養を送る動脈である冠動脈や大動脈へのバイパスの移植術である冠動脈、大動脈バイパス移植術で年間33例を行っている。続いて、腹部大動脈瘤などの治療の為にカテーテルを利用して、人工血管にステントといわれるバネ状の金属を取り付けた新型の人工血管(ステントグラフ)を挿入するステントグラフ内挿術を27例、心臓の中の弁を取り替える弁置換術を20例実施しています。
小児外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 ヘルニア手術(鼠径ヘルニア) 18 1.00 0.89 0.00 4.44
K836 停留精巣固定術 - - - - -
K5351 胸腹裂孔ヘルニア手術(経腹)(1歳未満の場合) - - - - -
小児外科で最も多い手術は、鼠径ヘルニア(脱腸)に対するヘルニア手術で年間18例を行っています。その他、停留精巣固定術や胸腹裂孔ヘルニア手術などの手術を行っています。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 125 4.90 6.72 0.00 33.10
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 93 3.70 7.29 0.00 31.73
K877 子宮全摘術 93 2.30 7.39 0.00 48.42
産婦人科で最も多い手術は、子宮切開によって胎児を取り出す帝王切開術で、予定として行う帝王切開術(選択帝王切開)を年間125例、予定外で緊急で行う帝王切開術(緊急帝王切開)を93例行っています。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 56 4.43 3.59 0.00 74.39
K2821イ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(縫着レンズを挿入するもの) - - - - -
眼科で最も多く行われている手術は水晶体再建術でその他の眼内レンズを挿入するものが56例あり、縫着レンズを挿入するものも行っています。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 11 1.00 7.64 0.00 18.09
K309 鼓膜(排液、換気)チューブ挿入術 - - - - -
K331 鼻腔粘膜焼灼術 - - - - -
耳鼻科で最も多い手術は、口蓋垂(いわゆるのどちんこ)の左右に1ある口蓋扁桃を摘出する口蓋扁桃手術で年間11例行っています。
このほか、滲出性中耳炎の重症化などで治りにくくなり、難聴や、鼓膜の陥凹、癒着がある場合などに行う鼓膜(排液、換気)チューブ挿入術や鼻づまりの解消の為に行う鼻腔粘膜焼灼術などを行っています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザーによるもの) 103 1.28 2.07 0.97 59.55
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) 59 2.19 6.51 0.00 75.00
K841-21 経尿道的レーザー前立腺切除術(ホルミウムレーザーを用いるもの) 21 2.71 5.95 0.00 73.67
泌尿器科で最も多い手術は、レーザーを使って尿路結石を除去する経尿道的尿路結石除去術で年間103例行っています。続いて、開腹せずに手術用内視鏡を用いて、膀胱の悪性腫瘍を切除する膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの)で年間59例行っています。また、内視鏡を尿道から前立腺に通し、ホルミウム・ヤグレーザー光を照射して肥大した前立腺切り離す経尿道的レーザー前立腺切除術(ホルミウムレーザーを用いるもの)を21例行っています。
腎臓内科;血液透析科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント設置術 43 13.16 26.70 20.93 72.33
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 15 7.13 19.4 26.67 67.47-
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 - - - - -
腎臓内科では、血液透析の管理も行っていますが、血液透析を行うには大量の血液を人工透析器に循環させる必要があり、その血液量を確保するため、手首近くの腕の動脈と静脈を手術でつなぐ内シャント設置術が年間43例行っています。この内シャントが狭窄や閉塞した場合にはそれを再建する経皮的シャント拡張術・血栓除去術を行いますが、腎臓内科では年間15例を行っています。このほか尿の通り道を確保するための経尿道的尿管ステント留置術なども行っています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる 54 0.57
180010 敗血症 同一 - -
異なる 56 0.59
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる 11 0.12
180040 手術・処置等の合併症 同一 48 0.50
異なる 29 0.30
 当院は、手術や処置などを行う際には合併症を起こさないように細心の注意を払い施行しております。
 また、起こり得る合併症については、事前に可能な限り、患者さんに説明した上で、手術や処置の施行に同意をいただくよう努めています。
更新履歴
2016.09.25
機能評価係数Ⅱの保険診療指数における「病院情報の公表」を行いました。