社会福祉法人 恩賜財団 
山口県済生会下関総合病院 サイト内検索 文字サイズ標準サイズ拡大サイズ
サイトマップ個人情報の取り扱いについてお問い合せ
HOMEお知らせ受診案内病院案内各部門のご案内医療設備のご案内交通アクセス

病院案内

地域に密着した急性期医療を推進し、信頼される病院を目指します。

院長
 ホームページをご覧いただきありがとうございます。
 当院は、大正13年に下関診療所として開設以来、済生会創立の精神を守り、地域の医療・福祉の充実に力を入れてまいりました。 H17年には安岡町へ新築移転し、更なる高度医療に対応出来る機能や体制を強化することができました。 また、地域の医療機関とも連携し、協調体制をとりながらスムースに患者を紹介していくシステムも充実しています。 急性期の二次救急病院として、ヘリポートも設置し、24時間の救急体制を強化しております。 また、小児救急医療拠点病院の指定も受けており、周産期母子センター、血液浄化センター、心臓血管センター、手術室等も機能が充実しております。 今後も済生会の精神を守り、地域に密着した急性期医療を展開していくことが当院の使命と考えております。
 当院の基本理念にもあります「心のかよう質の高い医療」の提供を行い、本当に安心して医療を受けてもらえるような地域住民から愛される病院を目指して、職員一同、より一層努めてまいります。
 
各部門のご案内
 済生会下関総合病院 院長 津江 和成
 
基本理念
「心のかよう質の高い医療」を提供します
基本方針

「患者の幸せ」のため、
質の高い医療の提供を目指します

よりよき医療環境を求めて、
地域と共に保健・医療・福祉の充実を
目指します

職員の協働活動のため、
よりよき環境づくりを目指します

済生会 紋章の由来
初代総裁・伏見宮貞愛親王は、創立当時、済生会の事業についてのお心を「撫子の歌」としてお詠みになりました。
それにちなんで、いつの世にもその趣旨を忘れないようにと、撫子の花に露をあしらったものが、大正元年(1912)から済生会の紋章となっています。
露にふす 末野の小草 いかにぞと 
あさ夕かかる わがこころかな
 
医療の職業倫理
  1. 私たちは、生命の尊重と人間愛を基本とし、医療者として常に専門的な知識と技術の習得に努めます。
  2. 私たちは、すべての医療行為において、患者さまの権利を尊重し、お互いに協力して適切な医療を提供します。
  3. 私たちは、医療を通じて社会の発展に尽くすとともに、法に従い、社会秩序の保持に努めます。
患者さんの権利と義務
  1. あなたは、個人の尊厳を尊重され、医療者との相互の協力関係のもとに良質な医療を受けることができます。
  2. あなたは、病気・検査・治療などについて、十分な説明と情報をうけることができます。
    また、よく理解できなかったことについては十分理解できるまで質問することができます。
  3. あなたは、十分な説明と情報提供を受けた上で、医療者が提供する検査や治療方法などを自らの意志で選択することができます。
  4. あなたは、当院での診療の過程で、医療者が得た個人情報やプライバシーについては厳正に保護されます。
  1. あなたは、所定の手続きをおとりになることにより、ご自分の診療録の開示をお求めになることができます。
  2. あなたは、良質な医療実践のため、自分自身の健康に関する情報を正確に提供する責務があります。
  3. あなたは、すべての患者さんが適切な医療を受けられるように、他の患者さんの入院生活や病院職員の医療提供に支障を与えないように配慮する責務があります。
  4. あなたは、安全で優しい療養環境を維持するために、医療に関する法律や病院で決めた約束事などをお守り頂く責務があります。
  5. あなたは、医療費を支払う責務があります。
済生会の略史

明治44年2月11日、明治天皇は、時の総理大臣、桂太郎を召されて「医療を受けることができないで困っている人たちに施薬救療の途を講ずるように」というご趣旨の「済生勅語」とその基金として御手元金150万円を下賜された。
これをもとに伏見宮貞愛親王を総裁とし、桂総理が会長となって恩賜財団済生会を創立されました。以来、創立の精神を引き継ぎ、医療サービスと福祉の増進に必要な諸事業を全国的規模で行っています。
戦後は、昭和26年に公的医療機関の指定を受け、同27年に社会福祉法人の許可を受け、現在、社会福祉法人恩賜財団済生会となっています。

総 裁  寬仁親王殿下
会 長  豊田 章一郎
理事長  炭谷 茂

 
沿革
大正13年 3月
下関市長崎町に恩賜財団済生会委嘱による下関診療所開設
昭和14年 4月
下関市上田中町に病床数50床の下関病院開設
昭和34年 3月
下関市新町に病床数119床で新築移転
昭和42年 5月
中央棟を増設、病床数175床となる
昭和48年 4月
中央棟を一部増築、病床数225床となる
昭和52年 3月
外来棟を増築、既設棟を改築、病床数300床となる
昭和55年 9月
地下1階を増築、病床数350床となる
昭和59年 8月
周産期母子センター23床増床し、病床数373床となる  
平成12年 4月
居宅介護支援事業所を開設
平成15年 4月
臨床研修指定病院の許可
平成17年 4月
新病院開院
平成19年 5月
日本医療機能評価機構認定を取得(Ver.5.0)
平成21年 4月
DPC対象病院へ移行
平成21年 6月
院外処方へ完全移行
平成22年 8月
新管理棟完成
概要
施設概況
半地下1階・地上6階建  塔屋1階
本体延床面積  24,586.30m2
保育所・保管棟 1,009.55m2
敷地面積    54,407.21m2
外来駐車場   380台
病院開設年月日
昭和34年3月31日
救急病院告示
昭和40年2月23日
診療科目
24科
内科、神経内科、呼吸器科、循環器科
消化器科、小児科、外科、整形外科
形成外科、美容外科、脳神経外科
心臓血管外科、小児外科、皮膚科
泌尿器科、こう門科、産婦人科、眼科
耳鼻咽喉科、放射線科、麻酔科
歯科口腔外科、精神科
リハビリテーション科
許可病床
373床(一般病床)
内、有料個室 5,250円以上 49床
 
認定施設
保険医療機関指定病院
救急告示病院
労災保険指定病院
公務災害指定医療機関
生活保護法指定医療機関
被爆者一般疾病医療機関
更生医療指定医療機関
母体保護法指定医療機関
助産施設指定病院
養育医療指定病院
特定疾患治療研究委託機関
小児特定疾患治療研究委託医療機関
結核予防法指定医療機関
政管健保 生活習慣病予防健診指定機関
臨床研修指定病院
学会認定
日本内科学会認定医制度教育病院
日本腎臓学会研修施設
日本透析医学会認定施設
日本呼吸器学会認定施設
日本循環器学会認定循環器専門医研修施設
日本心血管インターベンション学会認定研修施設
心臓血管外科専門医認定機構基幹施設
日本外科学会外科専門医制度修練施設
日本外科学会認定医制度修練施設
日本胸部外科学会認定医認定制度関連施設
日本呼吸器外科学会指導医制度関連施設
呼吸器外科専門医認定機構関連施設
日本整形外科学会認定医制度研修施設
日本泌尿器科学会専門医教育施設
日本医学放射線学会放射線科専門医修練協力機関
日本産婦人科学会専門医制度卒後研修指導施設
日本周産期・新生児医学会専門医制度暫定研修施設
日本小児科学会小児科専門医研修施設
日本小児科学会認定医制度研修施設
日本小児循環器学会小児循環器専門医修練施設
日本麻酔科学会麻酔指導病院
日本耳鼻咽喉科学会専門医研修施設
日本形成外科学会教育関連施設
日本人間ドック学会優良二日ドック施設
 
ページのトップに戻る
病院の特色 フロアガイド 採用情報 映像ライブラリ ご挨拶・理念